消費者金融系で借り入れ

消費者金融系カードローン

当サイトに現在掲載中の消費者金融が提供しているカードローンはこちら。

安定した収入があれば、
パート・アルバイト、派遣、自営業といった審査が不安な方でも申込みが可能です。

↑上記クリックすると、各会社の詳細ページへ飛びますのでご利用ください。

消費者金融系のカードローンとは?

注意点

総量規制対象商品
・ 消費者金融系のカードローンの融資額は、年収の1/3までに制限されます。

お金を借りる時にはローンを利用しますが、このローンにもいくつか種類があります。

借入パンダ

その中の一つが消費者金融系カードローン
消費者金融からお金の借入を行うローンとなります。

カードローンで有名な業者と言えばアコムです。
よくCMをしていますよね。
アコムなどのカードローン会社は専用のカードを発行して融資を行います。

消費者金融系カードローンはお金を貸すことを目的としている為、
比較的誰でも利用しやすいと言われています。

ただ、利用しやすいからと言って何も考えずに借入をするのは身を滅ぼしてしまいます。
この項では利用上の注意点・賢く利用する為のコツについてお話していきます。

カードローンを利用する際の注意点は?

カードローンは、
カード一枚で借り入れが出来る便利なサービスではありますが
「お金を借りている」という認識が低くなってしまうといったデメリットがあります。

カードローンの注意点

ATMからお金を引き出すかのように、
借入を行うのでキャッシングに対しての抵抗が徐々に薄れてしまうわけです。

その為「気付いたら借りすぎていた…」ということもよくあります。

ですから、カードローンの利用を行う時は
「今本当に必要なのか?」
「今借りて、返済(完済)できる見込みはあるのか」
等を考え慎重になって下さい。

そうすれば、借りすぎずに賢い計画的な利用ができると思います。

限度額とかはどうなっているの?

もちろん、借り入れ出来るお金には融資限度額があります。
これは会社によって異なっています。
消費者金融系では、大体300万円か500万円のどちらかとなります。

どちらのタイプを選んでも総量規制に従った自身の限度額があるので、
ここを基準にしてカードローン会社を選ぶ必要はないと思います。

もし年収が1500万円あって500万円借りられるという方で、
さらに300万円以上の融資を考えている場合は
融資限度額が500万円のカードローンを選ぶと低金利での融資を期待できます。

消費者金融系はどこに注目するべき?

消費者金融系カードローンの特徴は「サービス」が豊富なことです。
無利息サービスやレディースコールといった利用者にとってメリットがたくさんあります。

ですから、
どこの会社に申し込むか迷ったる時は「どこが一番お得なのか」に注目して欲しいと思います。

少し前に消費者金融の督促の事件がありましたが…今はどうなの?

消費者金融という言葉を聞いて「ああ…あれのことか…」と思った方もいるでしょう。

困ったパンダ

あれの事というのは、
数年前に起こった消費者金融の違法取立てです。

法律によって自宅に行ってはいけないなどが定められているのですが、
この決まり事を破って
債務者に激しい精神的ストレスを与える督促を行っていたことが明るみとなって、
ニュースで大きく報道されたことがありました。

その為、消費者金融にブラックなイメージを持っている方も多いと思います。

しかし、あの事件をきっかけとして、
より一層強く取り締まられるようになったのと同時に、
消費者金融会社自体が「自社の見直し」をするようになったので、
今では以前とは比べものにならないほど良いサービスが提供されています。

当サイトで掲載中の会社は、
はじめての方でも安心して利用できる会社ですので、
心配している「厳しい取り立て」も行われていないので安心してご利用ください。

★ すぐ欲しい!お急ぎのあなたは…三井住友銀行グループのSMBCモビット
★ はじめての借入れで30日間無利息があると嬉しいなら…SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。